A: ものやイベントの名前を言ったり、意味を説明したりするときに便利な文型ぶんけい

1.      NS1というNS2: NS1 nimeline NS2

               例: カエラヤーンというダンスは、エストニアでとても有名です。

               セットという地方ちほう文化ぶんか  は、少しちがいます。
 

2.      NS1というのはNS2のことです: NSnimeline (asi/sündmus) tähendab NS2.

               例: ポルカというのは、早い二拍子にびょうし, 2/4 taktimõõdusのリズムのダンスのことです

               パソコンというのは、パーソナルコンピューターのことです

 

3.      lihtstiil1というのはlihtstiil 2ということです: lihtstiil 1  tähendab  lihtstiil 2 .

              例:「うそは足が短いみじかいというのは、うそをついてもすぐにそれがうそだとわかってしまう

            (足が短いので逃げてもにげるpõgenema 遠くとおく までは逃げられない)ということです

               

4.       NS/  lihtstiilというのは~という意味です: NS/  lihtstiil tähendab …

                        NSには~という意味があります:  NS-l on tähenduseks …, NS tähendab …

                例: このケーキのかたちには物事ものごとasjadを月のように丸くおさめるまるくümmarguselt, おさめる paika sättima, siin „sättida asjad nii, et ei jää ühtegi terevat nurka, mis asjaosalisi häiriks“という意味があります

 

5.       NSといえば、…です:kui teemaks NS, siis …, kui öelda NS, siis kõige tuntum/tüüpilisem/paremini esintav on …

                例: エストニアの伝統でんとう文化といえば、歌です。

                          エストニア人が外国で食べたくなるものといえば、やっぱり黒パンです。

 

B : 由来ゆらい päritoluを説明するときに便利な文型

1.       ~に関係かんけいする olema seotudしています/~に関係があります: …ga seotud

                例: ダンスの動きうごきは、むかしのいろいろな農作業のうさぎょうpõllutöödに関係があります

 

2.       ~からきています: tuleneb/pärineb …st

                例: この習慣しゅうかん komme は、昔は農業のうぎょう, põllumajandusがとても大切たいせつだったということからきています

 

3.      ~にあたります: vastab …le

                例: ヤーニパエヴは日本では夏至げし suvine pööripäevにあたります

 

4.      ~に似てにるいます: sarnaneb …ga, lähedane …le

                例: この習慣しゅうかんは日本のお盆おぼん, bon pidustused suvelに似ています

 

5.      ~の影響えいきょう mõju  があります/  ~の影響を受けてうけるいます: … mõju on, on mõju saanud

                例: エストニアの文化はドイツの影響を受けています

 

C:  人々の習慣しゅうかんを説明するときに便利な文型

1.      ~たり~たりします:teen A, B jne.

                例: ダンスの練習れんしゅうをはじめる前に、軽くかるくはしったりストレッチをしたりします

 

2.      ~ようになりました:nüüd tehakse …, nüüd on …  (näitab muutust)

                例: 最近さいきん民族衣装みんぞくいしょう, rahvariidedのモチーフを使ったおみやげなどを買うことができるようになりました

 

3.      ~も…ば~もいます/あります: on (selliseid) ja (teistsuguseid) (näitab variatsiooni)

                例: 自分で民族衣装みんぞくいしょう, rahvariidedを作る人もいれば、買う人もいます

                          ダンスサークルには年をとった人もいればわかい人もいます